Latest Posts

新聞の折込チラシ、タブロイド紙、電話ボックスにある宣伝チラシや郵便広告で「負債の

新聞の折込チラシ、タブロイド紙、電話ボックスにある宣伝チラシや郵便広告で「負債の片付け任せてください」「多重負債を一本化したいと思ったら」などといった広告を見ることが多いです。 「整理人」「買取専門屋」「紹介屋」という俗…
Read more

自己破産の申立ては一部の債務を含まずに行う手続きはできないので、ローン・連帯保証

自己破産の申立ては一部の債務を含まずに行う手続きはできないので、ローン・連帯保証人が存在する未返済金を除外した自己破産を希望する旨の申込は認められておりません。 高額な住宅ローンがまだ残っている状況で申し立てをしたらマイ…
Read more

借入金の支払いに関して滞った結果どうしようもなくなってしまった際、自己破産という

借入金の支払いに関して滞った結果どうしようもなくなってしまった際、自己破産という方法を考えたほうがいい時もあるのです。 であるならば自己破産を申請することには一体どういった良い側面が考えられるのでしょうか?この記事では良…
Read more

自己破産申請を実行してしまうと知り合いに気付かれてしまったらと考えただけで生きた

自己破産申請を実行してしまうと知り合いに気付かれてしまったらと考えただけで生きた心地がしないと心細くお感じの人もいるかもしれませんが、破産の手続きを実行してしまっても裁判所から勤務先に督促がすぐにいってしまうことはないの…
Read more

破産の申告を行ったとしても公的な機関から家族や親類に電話がかかるなどということは

破産の申告を行ったとしても公的な機関から家族や親類に電話がかかるなどということはないでしょう。      それを真に受ければ、近親者には知られてしまわないように自己破産の申立てが可能だとも考えられます。     しかし、…
Read more

自己破産手続きは、端的に定義するならば借金返済が不可能になったという判断を受理し

自己破産手続きは、端的に定義するならば借金返済が不可能になったという判断を受理した時に債務者が持っているほとんど全部の持ち物(生存していく上で最小限欠くことのできないものだけは保持しておくことを許可されている)を奪われて…
Read more

自己破産は端的に定義すると弁済不可能の認定を受理したときに借入者が所有するほとん

自己破産は端的に定義すると弁済不可能の認定を受理したときに借入者が所有するほとんど全ての持ち物(生活していく上で最小限欠くことのできないものだけは所持することを保証されている)を接収される一方で全部の借金が無効となるもの…
Read more

任意整理というのは普通債務の整理というふうに言われていて、それぞれ債権を有する者

任意整理というのは普通債務の整理というふうに言われていて、それぞれ債権を有する者へ借金の支払いを続けることを前もって決めた借金を整理する方法になります。    普通の流れですが、司法書士や弁護士の有資格者貸し手と借り手と…
Read more

任意整理とは一般には負債の整理とも言われ各債権を持つものに対して返済を続けていく

任意整理とは一般には負債の整理とも言われ各債権を持つものに対して返済を続けていくことを前置きとした債務を整理する手順になります。    実際としての流れは司法書士の資格を持つものまたは弁護士が貸方と借り手の間に入って話し…
Read more