Monthly Archive: 1月 2018

自己破産申立ては原則論的には債務の返済が不能になったという判定を下されたときに債

自己破産申立ては原則論的には債務の返済が不能になったという判定を下されたときに債務者が保持しているほぼ全部の財産(生活に最低限必要なものだけは保持することを許可されている)を押収される交換条件として、一切の負債が取り消し…
Read more

破産の手続きは原則論的には債務返済が不可能になったという決定を与えられた際に自己

破産の手続きは原則論的には債務返済が不可能になったという決定を与えられた際に自己破産申請者が所持する一切の持ち物(生存上最小限必要なものは持つことを認可されている)を手放してしまう交換条件として、ほぼ全部の未返済金などの…
Read more