負債の対処によって払い過ぎた分が舞い戻ってきた私の実例について

過払い分と法律を専門としている事務室について自分自身の体験した話です。借金再調整の一つの手法である払い過ぎた分を求めていくことが可能という事実は、近ごろはそこら中でCMされているため存じてはいたのです。自分も何年か前まで、25%位の利率で借入れをし続けてきたために、それ相当の過払いした分を要求していく事が出来るのが可能に違いないだろうと思っていたんですが、いか様にして諸々の手続きを実行したら良いか知識が無かった為に断念していました。ですけれども、友人の一人がとある法律専門の事務所を通じ過払いした分を還元して貰う事が可能だった事を知り、私でもネットにより法律専門事務室を見つけ出し過払い分の請求を実行に移してみる事になったんです。

私が発見した法律専門オフィスだと、最初にどのくらい負債が存在したのかということを詳細に説明をおこないました。そして、大体5年を超える歳月にわたって借金を償還してきましたけれども、そちらの一部は払いすぎの可能性が存在する事が分かりました。この法律を専門にしてる事業所だと月当たり1000件以上の過払いしたお金の催促を実行しているために、自分も払い過ぎたお金が戻って可能性が存在するといった期待が出てきました。法律オフィスの方々の説明では、50パーセント程度の確率になるけれど、善処していただきますという事でしたね。

最終的には、私のケースは手数料を引いた結果として、20万ぐらい過払いした分が返還される事になりました。この事は天恵でしたね。さらには、この20万を残部の負債にあてることにより、債務のトータルの金額をおおいに減少させることが可能となりましたよ。債務のトータル額が少なくなると、利息の分ももちろん減少していきますんで、月毎の返済義務が少しだけ楽チンになりましたよ。

あきらめていた過払い分ですが、断念すると勿体ないというのが出た結論ですね。法律専門事務所の方々の言葉ですと、5年もの長い期間に渡って借金を返還し続けておられる方だと、過払いしている分が生まれてるめどが存在していると言うことでしたね。こうした借金様々な問題に関しては、対処していくことが十分に可能なんです。おひとりでお悩みになっていることはもったいない事なので、弁護士や司法書士等の専門家の方に対しご質問なさってみてください。