自己破産の申立ては一部の貸与金を除いた申し立てはできないので、高額なローンまたは

自己破産の申立ては一部の貸与金を除いた申し立てはできないので、高額なローンまたは親族などの保証人がいる借金を除いての自己破産の申請はできません。住宅ローンがある状況で自己破産に関する申し入れをすればマイホームは接収されてしまいます故に数十年残っている住宅ローンを払いながら(マイホームを手放さずに)未返済金などの債務を弁済していきたいと希望する場合には民事再生という手続きを用いるのが賢い方法です。

その一方で親族などの連帯保証人がある未返済金などの債務が存在する際には債務を負った人が自己破産の申請を実行してしまうと保証人宛てにダイレクトに催促が送付されてしまうのです。さらにあるいは、所有中の財貨(ビル、乗用車、株券又は災害保険というようなもの)などは、全部押収対象にならざるを得ないゆえどうしても失いたくない家宝が手元にある場合ないしは、自己破産というものを行うと仕事ができなくなる免許を使って労働されている方の場合、違った債務整理の選択肢(任意整理・特定調停といった手続き)を考えなければならないでしょう。

さらには、賭け事又は浪費といった原因で未返済金などの債務がある際には一番欲しい免責(借金を0にする)が認められない事もありますため、異なった借金返済のしかた(特定調停手続、債権者との和解による任意整理あるいは民事再生の適用による返済の減額)といったことも候補に入れて検討することもあると言えます。