破産の手続きをしても裁判所などから家族や親族に直に電話がかかることはないでしょう

破産の手続きをしても裁判所などから家族や親族に直に電話がかかることはないでしょう。したがって家族に発覚してしまわないように破産の手続きができる可能性もあります。ただ、現実問題として、自己破産申請を申し立てる際に司法機関から同居中の親類の所得を証する書類や銀行の預金通帳の写し等といった証明書類の届出を有無をいわさず要求されるようなこともありますし債権をもつ取引先から近親者へ事実関係の報告などがなされる場合もあり得ますから家族に知られてしまわないように破産の申告ができるという100%の保証は得られないといえます。家庭に秘密にしてそれ以降にばれてしまうよりも、まず最初から打ち明けて家庭の方々皆が一丸となって行う方が望ましいといえるでしょう。その一方異なった場所に住む近親者の方が破産の申告を行ったのが知れ渡ってしまうなどといったことはありえないといえるでしょう。

夫または妻の賠償義務を滅することを念頭に婚姻関係の解消を考える夫婦もいらっしゃるようですが実際は、たとえ夫婦同士だとしても(連帯)保証人という立場になっていない限りにおいて法的な強制力はないと言えます。ただし書類上の(連帯)保証人という立場身を置いている時は仮に婚姻関係の解消を行ったとしても責任に関しては残ってしまいますから法的な支払い義務があるのです。つまり、離婚届の提出を行ったからといってお金の法律上の支払義務が失効するというようなことはまずないのです。また往々にして債権を持つ会社が債務を負った人の近親者に支払いの催促をしてしまうといったことがありますが連帯保証人ないしは保証人にサインしていないならば子供と親、兄と弟の間など家族や親類間の借金などに関して借りた人以外の家庭の人に法律の上では法的な支払義務はありません。実は債権を持つ会社が法的な支払い義務を負っていない家族の方に対して請求を行うのは貸金業規制法を参照する上での行政府の営業規則の中で固く禁止されており、催促の方法によりますが貸金業を規制する法律の支払いの請求の基準にそむくことにもなります。

という訳ですから支払い義務が存在しないにもかかわらず債務を負った人の家族や親類が支払の請求不当に受けたという事実が存在するというならば、借りた会社に対して支払の催促を直ちに停止するよう警告する内容証明を出すべきでしょう。しばしば、債務をもつ人その人がとても可愛そうだからと思ってしまったために本人を除く家庭が負債を代わりに請け負って返済するという話もありますが債務をもつ本人幸運に依存していつまでたっても多重債務のトラブルを反復することがよくあるのです。従って、借りた本人ことを考えれば自分自身の手で貸与されたお金を弁済させるか、そのようなことが現実的でないようであれあば自己破産申立てをやらせた方がこれからをまっとうするためには良いと思われるのです。