民事再生という方法は住宅ローン等を含めた多重債務に悩んでいる債務者を救済するため

民事再生という方法は住宅ローン等を含めた多重債務に悩んでいる債務者を救済するために、マイホームを維持しつつも金銭管理の面で立ち直っていくための法による債務整理の手段として平成12年11月に利用できるようになった解決策です。

この制度には、自己破産制度とは違って免責不許可となる要件がありませんので競馬などで借金したような場合においても民事再生手続きは取れますし、破産申告をしてしまうと業務禁止になってしまうような立場で生計を立てている人でも民事再生手続きは可能になります。

破産手続きの場合は、住んでいる家を手放さないことは無理ですし、任意整理や特定調停などでも、元金自体は支払っていくことが要求されますので住宅ローン等も払いつつ支払うのは難しくなるでしょう。

でも、民事再生による処理を採用することができれば住宅のためのローン以外での負債は十分なものを圧縮することが可能ですので余裕を持ちつつ住宅ローン等を返済しながら残った借入金を払い続けるようなことができるということです。

ただし、民事再生という選択は任意整理または特定調停等とは違って一部の債務だけを除外扱いして手続きしていくことは不可能ですし、破産宣告の場合のように負債それ自体消えるということでもありません。

さらに、そのほかの処理に比べある程度簡単ではなく負担もかかりますのでマンション等のローンがあって住んでいるマンションを手放すわけにはいかないような状況以外で破産申請等といったそれ以外の方法がとれない際の最後の手段と見ておいた方がいいでしょう。