新聞の折込チラシ、タブロイド紙、電話ボックスにある宣伝チラシや郵便広告で「負債の

新聞の折込チラシ、タブロイド紙、電話ボックスにある宣伝チラシや郵便広告で「負債の片付け任せてください」「多重負債を一本化したいと思ったら」などといった広告を見ることが多いです。

「整理人」「買取専門屋」「紹介屋」という俗称の悪徳企業の嘘広告のケースがあるということです。

これらを利用した場合には破産申立の流れの中で一番大切な免責決定を受けられない可能性が存在します。

「整頓人」とは、借金を抱える人はおびきよせ手数料を取り整頓をしますけれど結局は借金整頓はされず、もっと借金地獄に堕ちてしまう結末がすべてになります。

「買取屋」の場合は依頼者のカードで、家電、新幹線の券などを山ほど買い入れさせて、負債人からこれらの商品を定価の10%から40%で買い直すという手段が知られています。

当人は瞬間的には金銭が懐に入りますが、カード会社からの商品価格の完全な支払い要求が届き、債務を上乗せするだけです。

クレジット会社への詐欺に当たるということになって免責判定を受けられなくなります。

「紹介屋」の場合、大企業の貸金業者から拒絶されるようになった債務人に対して業者として金貸しは全然せずに、貸出をしてくれる別な業者を知らせて、高額な料金を請求する会社です。

自らの手続きで融通可能となったという口調で話しますが現実には何もしておらず単に調査の甘い業者を知っているということなのです。

この場合だと結局のところ借金をアップさせることになります。