僕の中で何より悩みだった借金の取立てをやめさせることが出来ました!

返済が出来ず一番の恐い経験だった取立てがやめさせることができた体験談を紹介します。自分は工場勤務の派遣として働いているのですが、わたしの年収がやっと190万円程度しかならないのが現状です。月当たりの僕の給料は15万円弱程度しか入ってこないので、今いる部屋の家賃や光熱水道費、ご飯代に通信費を賄うと、ため息が出るほどギリギリの状態でやっていかなくてはなりません。こういうこともあって、月末お金が足りなくなるあるごとにキャッシングから借入をずるずると繰り返してきました。ちょっとでも金利を抑えておきたかったと思っていたので、カードを作った初めての借入で約1か月無利息キャッシングというシステムの金融関係を手あたり次第僕は借りてました。毎月の収入が少ないといった理由で、それぞれ1社あたりの借り入れ額は10万程度に留めておいているのですが、しかし、現時点で、資金がおよそ60万円、利息も加えるとざっと100万円近い借入れ金にまでなり、1か月毎の返済額も4万ほどで、返済することが困難な状態にしまったのです。

今ローンを組むサラ金会社は6社です。それらの6社から借金返済を督促文面の葉書きや電話でのお知らせが、入れ替わり立ち代りで入ってくるので、きちんと返済できない自分自身が一番ダメなんだとわかっていてもうんざりして頭を抱えていました。夜間仕事を終えてからすぐに、スマートフォンをチェックすると目をそらしたくなるほど沢山のカード業者からの着信履歴が毎日届き、そうこうしているうちに携帯電話の毎月の料金も払うことが出来なくなり止められると、勤務先の工場にやって来るカードローン業者も複数社現れ始めました。このままではクビになるかもしれないと思い、地域の司法書士へ経緯を説明をし、自己破産の処理をすることに踏み切りました。するとどうでしょうか。司法書士事務所が受任通知をカードローン業者へ通知したとたん、本当に1社からもひどい取立て 取りたてを止まりました。何事もなかったかのようにピタッと止まった気持ちを落ち着かせることができました。

怖かった日々にピリオドを打ち、僕は次第に生きる希望を持つことができ、これから先の返済の準備や、どんな風に生活を守っていったらベストなのかについて納得できるまで考える時間をようやく持つことが出来ました。そうこうしている間、司法書士さんがそれぞれの金融会社ごとに任意整理の交渉をしてくれ、利率を引き下げによる、ローン返済金額の減らすの話を取りまとめてくれてのです。お陰で毎月のキャッシングローン返済額は半分に減らすし、どうにか生きるめどがついてなり本当に嬉しかったです。こんなに一気に環境が変えることが出来たのなら、抱え込まず早めに司法書士の先生にとにかく相談に行けば良かったと強く思いました。キャッシング問題は、悩むより行動していくことでスッキリ解決できるのです!是非地元の弁護士や司法書士事務所へ連絡することをください。