任意整理とは一般には負債の整理とも言われ各債権を持つものに対して返済を続けていく

任意整理とは一般には負債の整理とも言われ各債権を持つものに対して返済を続けていくことを前置きとした債務を整理する手順になります。    実際としての流れは司法書士の資格を持つものまたは弁護士が貸方と借り手の間に入って話し合って、法にかんがみて利息の再適用を行い一から計算した借りているお金の元金について年利を削った方法で36か月くらいの期間で返済する債務整理方法です。    この手続きの場合には裁判所などといった公の機関が関係しないため別の手順と比べた場合でも、選択した際におけるリスクが少なく手続きそのものも借金をしている人にとって最もストレスになることはないためまず検討してもらいたい手順となります。    また、貸方がヤミ金業者といった大変高額な借入金利の場合、利息制限法という法律で定められている金利などを超過して支払った金利については借りたお金の元金に適用できるとみなされ借入元金それ自体を少なくすることも不可能ではありません。    サラリーマン金融に類するとても高い借入利息を取るところへ長い期間返済してきたケースでは一定の支払額を減らせるような場合もありますし、10年くらい返している例では負債そのものが消滅してしまうようなこともあります。    借金の整理の有利な点とすると、破産手続きとは違ってある部分のみのお金のみをまとめることになるので、他の保証人が関係している契約以外だけで手続きする時やクルマのローンを除いて整理をしたい際等も活用することが可能ですし、全ての資産を放棄することは必要とされていないので、マイカーや不動産などの自分名義の資産を保有していて、放棄したくない場合などでも有効な借金整理の手続きとなっています。    いっぽうで、手続きを取った後の返済金額と実際に可能な手取り額を比較検討して、返済の目処が立つようならこの方法で手続きを進めていくことに問題ありませんが破産申告のように借金そのものがクリアーになるというわけではありませんので借金の総量がかなりになる状況では実際的には任意整理による方法を取るのは難しいということになります。