一般人が破産を申請するまでの期間は返済者個人に対しての電話による借金徴収と債務者

一般人が破産を申請するまでの期間は返済者個人に対しての電話による借金徴収と債務者当人の住居への訪問による集金は違反ではないということになっています。とりわけ、破産申請の作業に進んだあと提出までに無駄な手数がかかってしまった際には債権保有人は無理な取り立てをやってくる危険が高くなります。

債権保持者側としては借金の払込もせずに、自己破産のような公的な作業もされない状況だと会社の中で完結処理をやることができなくなります。それだけでなく債権保持人の一部には専門家に依頼していないとわかると、なかなか強硬な返済請求行為をやってくる企業もあります。司法書士か弁護士に依頼したケースでは、債権保持人は負債者に対しての直接取り立てを続けることができません。要望を受諾した司法書士事務所あるいは弁護士の人は要請を請け負ったと書かれた通知を各取り立て企業に送付することになり、各債権者がその書類を手にとった時点から返済者は取り立て業者による強引な収金から解放されることとなります。

業者が勤務先や親の自宅へ訪問する取り立ては法のルールで禁止となっています。貸金業であって登録されている業者であれば勤務先や本籍地へ訪れての集金は貸金業法規制法に抵触するのを認知しているので、違反であると伝達すれば、返済要求を続行することはないでしょう。自己破産に関する申請の後は申請人に向けた徴集を含めありとあらゆる徴集行為は禁じられますので、取り立て会社からの返済請求行動は完全になしになるということです。といっても、ごく一部には違法と知っていて連絡してくる取立人も存在していないとはいえません。

金貸しとして登録している業者ならば破産に関しての手続き後の収金が貸金業法規制法のガイドに抵触しているのを気づいているので、違法であると伝えてしまえば、違法な集金を継続することはないと言えます。ただ法外金融と呼ばれている登録しない業者については、違法な返済請求などによる被害事例が減らないという現実があります。闇金が取り立て屋の中にいるかもしれないケースではどんな場合であれ弁護士法人もしくは司法書士事務所などのエキスパートに連絡するといいでしょう。