サラ金で借りたお金が返済が出来なくなったところに毎月の給与が差し押さえられて大変でした!

自分は今札幌市で人材派遣に登録する形として勤めているのですが、お給料はたいしてもらっているわけではありません。派遣社員なのでボーナスはつかないのですが、事故で障がいを抱えた母親の日常生活の世話をみたりしていて、月々の出費はやっぱり多めにかかってです。少しでもお金になりそうな 収入が見込めそうな職場を探してはいるのですが、今もらっている給料ままではとうてい足りずギリギリなこともしょっちゅうだったので、いつしかカードローンの借入れ額も増していったのです。

返済がとうとう数か月出来ず滞らせていた時、いきなり、派遣元から給与債権が差押さえされてしまったと携帯に連絡が入りました。派遣元から詳しく説明を聞くと、カードローン会社が差押えがしたため、わたしの給料を振り込むことができず、給料の3/4を供託されることになりますと言われたのでした。給料が受け取れなくなるショックももちろんますが、自分が作った借金が返せずにいるいまの状況を派遣元にも知られたのもショックでした。

見かねた派遣会社の担当の人がそういう事だったらと差し伸べてくれ、弁護士の紹介機関にこのことを相談して来た方がいいとアドバイスくれたのです。私もスマホで探した見たのですが、法律相談センターで紹介してお会いした弁護士の先生は借金問題を専門的に対応とする法律事務所に所属の方でした。応対してもらった弁護士の方にこれらの件を相談すると、債務整理の手続きをすれば大幅に借金を減らせると提案受けることができました。現在ある資産状況から自己破産をを申請し、同時破産廃止を済ませれば、差押さえが解除され、抱えていた借金の悩みからも解放ことが出来て、生活を立て直しできるとのことでした。わたしの仕事は資格制限の労働制限のある仕事ではありませんことと、契約している人材派遣会社には給料が差し押さえられていると電話があった段階で借金ににっちもさっちもいかないのはわかっていたので、自己破産についてのさまざまな手続きを弁護士さんにお願いしました。パチンコなどで散財しているわけではないと伝えたので、割とすんなり破産申請が認められたのでした。200日以上過ぎても破産申請に時間のかかる人もいるということですが、弁護士さんの手助けのお蔭で、約2ヶ月半程度で決定が下ることになりました。

債務の返済義務がなくなり、普段通りの生活やお給料は確保出来ますので、前向きなこころで頑張れることが出来て何よりです。しばらくの間、クレジットもカードローンも借りられ出来ないのですが、何よりも、キャッシングカードで返せず真っ青になるなんて危険性は0ました。悩むよりもまず勇気を出して借金の相談を弁護士会の相談窓口を電話すれば良かったと思いしました。